蕁麻疹・接触性皮膚炎患者の看護計画

スポンサーリンク

蕁麻疹・接触性皮膚炎患者の看護計画

#1掻痒を訴える

看護診断 安楽障害

関連因子:皮膚の障害

診断指標:掻痒感の訴え、疾患に関連する症状、睡眠パターンの混乱

看護目標

長期:掻痒が軽減する

短期:1)原因物質を避けることができる

2)原因物質が不明の場合、考えられる原因物質を避けることができる

OP

・掻痒の程度

・搔破痕の有無と程度

TP

・薬物療法を行う

EP

・外用薬処置の方法を指導する

・掻痒への対処法を指導する

・原因物質を避ける方法を指導する

 

#2掻痒に関連した皮膚感染症の可能性

看護診断 感染リスク状態

危険因子:不適切な第一次防御機構、組織の破綻、病原因子への曝露を避けるための知識不足

看護目標

長期:皮膚感染症をおこさない

短期:掻痒に対して搔破以外の方法で対処できる

OP

・搔破痕の有無と程度

・皮膚感染徴候の有無と程度

TP

・病変部夷を包帯で保護する

EP

・掻痒への対処方法を指導する

・感染徴候がわかるよう指導する

 

#3掻痒に関連した不眠

看護診断 不眠

関連因子:身体的不快

診断指標:患者が入眠困難を訴える、患者が睡眠持続困難を訴える

看護目標

長期:十分に睡眠をとることができる

短期:掻痒が軽減する

OP

・掻痒の程度

・入眠のスムーズさ、夜間睡眠の持続の程度

・感情の変化の有無、程度

TP

・就寝前に外用薬処置を行う

EP

・外用薬処置の方法を指導する

・掻痒への対処方法を指導する

 

#4薬を適切に使用できないことに関連した疾患の治癒遅延

看護診断 非効果的自己健康管理

関連因子:知識不足、治療計画の複雑さ、ヘルスケアに対する家族の対処パターン

診断指標:疾患を管理したいと言葉に出す、指示された治療計画を実施するのが難しいと言葉に出す

看護目標

長期:疾患が治癒する

短期:1)薬の使用方法がわかる

2)薬を適切に使用できる

OP

・疾患の状態

TP

・薬の使用方法を説明しながら処置を行う

EP

・薬の使用方法を指導する

 

#5症状出現、症状悪化、再燃・再発に関連した不安

看護診断 不安

関連因子:健康状態に対する脅威、健康状態の変化、自己概念に対する脅威

診断指標:不眠、落ち着きがない、苦悩する、特定出来ない結果に対する恐怖

看護目標

長期:不安が軽減する

短期:1)症状の増悪因子がわかる

2)再燃・再発を引き起こす因子がわかる

OP

・不安の内容と程度

TP

・不安に思っていることについて話し合う

・今後の見通しについて話し合う

EP

・疾患の増悪を防ぐ方法を指導する

・適切な薬の使用方法について指導する

・再発を予防するための生活上の留意事項について指導する

スポンサーリンク

#6薬の副作用に関連した身体損傷の可能性

看護診断 身体損傷リスク状態

危険因子:化学的因子(薬物)

看護目標

長期:身体損傷が生じない

短期:1)薬の副作用がわかる

2)薬の副作用によって生じる危険を回避する方法・行動がわかる

OP

・副作用の症状:眠気の有無と程度

TP

・薬は医師に指示されたとおりに使用する

・副作用の眠気による生活上の危険に注意する

EP

・薬の副作用症状と副作用によって生じる生活上の危険を回避する方法を指導する

 

#7同一刺激による再燃・再発の可能性

看護診断 非効果的健康維持

関連因子:適切な判断ができない

診断指標:基本的健康実践についての知識不足があることを示す、健康行動を改善することに対する興味の表明の不足

看護目標

長期:再発しない

短期:1)原因となる刺激がわかり対処できる

2)原因不明の場合、刺激物を推測し、刺激物に対処できる

OP

・新たな症状出現に有無、程度

TP

・再発を起こす可能性のある刺激物について話し合う

EP

・刺激物を避けるよう指導する

 

#8社会生活に支障をきたすことによるストレス

看護診断 非効果的コーピング

関連因子:ストレス因子に対処する準備の機会が不適切

診断指標:役割期待を満足できない、基本的ニーズを満足できない

看護目標

長期:ストレスが軽減する

短期:1)社会生活上の支障を述べる

2)社会生活上の支障への対処方法を述べる

OP

・ストレスの程度

TP

・社会生活上の支障について話し合う

EP

・社会生活上の支障を最小限にするための方法を指導する

 

参考資料:疾患別看護過程

タイトルとURLをコピーしました