疾病の理解・意識障害、せん妄

疾病の理解・意識障害、せん妄

スポンサーリンク

疾病の理解・意識障害、せん妄

意識障害とは意識の清明度が低下したり、意識の変容がみられることである。せん妄は高齢者や認知症高齢者に多くみられ、意識障害に含まれるものとして用いられることが多い

症状の概要

・ 意識混濁:意識の鮮明さの障害。昏睡、嗜眠、傾眠、明識困難状態の順に重い

・ 意識狭窄:意識の広がりが狭まった状態

・ 意識変容:脳の病的な興奮による不安、興奮、錯覚、幻覚などが現れる状態

・ もうろう状態:意識混濁と意識狭窄

・ アメンチア:明識困難状態と思考錯乱、注意障害、見当識障害

・ せん毛状態:意識混濁、精神運動興奮と錯覚、幻覚

症状を引き起こす原因・疾病

・ 脳卒中:脳梗塞、脳出血、くも膜下出血

・ てんかん発作

・ 脳腫瘍:原発性、転移性

・ 頭部外傷:慢性硬膜下血腫

・ 認知症疾患:レビー小体型認知症、血管性認知症、アルツハイマー型認知症など

・ 感染症:脳炎、髄膜炎、肺炎、尿路感染、敗血症

・ 代謝疾患:低血糖、高血糖、完成昏睡、尿毒症、副腎不全、甲状腺機能低下症など

・ 心血管疾患:急性心筋梗塞、大動脈解離、心不全

・ 脱水・電解質異常:ナトリウム、カリウムの異常

・ 中毒:薬物、アルコール、一酸化炭素




観察のポイント

・ 意識障害の程度

・ 刺激を与えてもすぐに眠ってしまったり、大きないびきをかいていないか

・ 基礎疾患の有無、ほかの疾患による症状の有無、食事・水分をとることはできているのか、尿量、排便の有無、既往症、バイタルサイン、検査データ

ケア上のポイント

・ 危険な意識障害を早期に発見する。感染症、急性心筋梗塞、心不全、慢性硬膜下血腫、脳卒中などの重篤な疾患のサインを見逃さない

・ せん妄により行動が活発な場合は、安全な環境を提供する

 

 

参考資料:高齢者ケアガイドブック

タイトルとURLをコピーしました