レボトミンをやめて4日目の状態

レボトミンをやめて4日目の状態

スポンサーリンク

レボトミンをやめて4日目

レボトミンが強い薬だったということがわかった

そしてその副作用も大きかったのだとわかった

しかしそれを内服していたから、病状が落ち着いていたことも確かだ

薬を多種類飲んでいるので、レボトミンだけやめても症状は悪化しないのは何よりだと思う

体の動きがいい

夕食時にレボトミンを飲まなくなってからも、夜はよく眠れている様子だ。トイレには起きてもすぐに寝れるという

それに目覚めが早い。目が覚めてからもボーっとしていることなく、すぐに体を動かせるようになった

今日も朝5時に起きて、散歩に行ってきた

レボトミンを飲んでいるときには、日中も眠たい様子でぼんやりした感じだった

しかし飲むのを中止してからは、ぼんやりした感じがないし笑顔も多く、日中眠ることも少なくなった

 

スポンサーリンク

歩く姿も、前かがみが少なめで、角度が小さくなった

「膝が少し痛いが大丈夫だ」と言って散歩を10分くらいできたのは、大きな成果だ

そのあとの体操を勧めると「まだ体が動かない」といってことわられたが、仕方がないと思う

 

変化があったのは味覚かな

レボトミンのせいだとは言えないのだが、最近変化があったことは事実だ

今までは甘いものも普通に食べていたと思うのだが、食事時の甘いものが欲しくなくなったという

オムレツのケチャップ、焼き肉のたれの甘いの、カレーライスの甘口などだ

 

それにお菓子の甘いのも食べれなくなった

以前はお酒を飲まないので、甘いお菓子をよく食べたのに、すっかり嗜好が変わってしまった

糖尿病予防になるからそれはそれでわるいことではないのだが、こんなに変わるものかと感心する

 

味覚はともかく、だんだん以前の夫の表情に戻っていく

タイトルとURLをコピーしました