夫の闘病

夫の闘病・夫の洗濯物

夫の闘病・夫の洗濯物 今日、夫の入院先の病院から連絡があった。洗濯物がたまったとのこと。仕事終わって直ぐに夫の洗濯物をとりに行く。夫はずいぶん眠れるようになったらしい。 「あの時はどうかしていた」と自分の行動を振り返ることもできるそうだ。精神状態が少し落ち着いてきたので、1日2時間ほど個室の病室から出ることが出来るようになったとのこと。
夫の闘病

夫の闘病・今後の人生はどうなる?

夫の闘病・今後の人生は ■今後の人生は 夫の入院前のことをいろいろ思い出してしまった。それだけで息苦しい感じがする。幻聴とは、病気とは恐ろしいものだ。夫をまるで別人に変えてしまう。 退院後のことを考えると少し不安だ。夫と会うのが怖い気がする。夫はまだ私が浮気をしたと思い、怒っているかもしれない。又は勝手に精神病院に入れたことを怒っているかもしれない。
夫の闘病

夫の闘病・幻聴の原因はなに?

夫の闘病・幻聴の原因は ■幻聴の原因は何? 幻聴の原因は何だろう。デパスを長く飲みすぎたのでその副作用だと勝手に考えていた。しかし本当の病名や原因は何なのだろうか。 気になるので、夫に現れた症状についてネットでいろいろ調べてみた。夫の症状は統合失調症の症状に似ている気がする。 それにしても家族が統合性失調症であるために辛い思いをしている人が多いのに驚いた。ほんとうに他人ごとではなく「私と同じだ」と思ってしまった。
夫の闘病

夫の闘病・夫の幻覚

夫の闘病・夫の幻覚 ■高額医療申請 5月1日:夫は入院後も眠れず、薬も拒否しているという。食事もムラがあり食べたり食べなかったりするらしい。今日は箸を自分の足に突き刺したとのこと。自傷行為があると連絡が入る。 私の声が聞こえるらしく話をしているという。私が来たら退院するとも言っているとのこと。父さん頑張れ!!薬が切れて苦しいけれど今が頑張りどころだよ。将来の為に頑張るよ、私も頑張るか
夫の闘病

夫の闘病・夫と幻聴

夫の闘病・夫と幻聴 突然の夫の性格の変化とも思える行動は、認知症という病気のせいだったかもしれない。夫の症状の変化など、夫との日々を綴っていきたいと思う。 ■青天のへきれき 4月28日16時半:夜勤に行くが、申し送りの前に夫から電話が入る。 「私が車で男性と出かけるのを見た」と言って怒っている。夫の幻覚は、そこまでひどくなっていた。 直ぐに指定の場所へ行かなければ何をするかわからないという。仕事だと嘘をついて男性と一緒にいると言い、すごい剣幕でおこっている夫の元へ白衣のまま車を飛ばした。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました