夫の闘病・入院してから4カ月

夫の闘病・入院してから4カ月

スポンサーリンク

入院してから4カ月

あの突然の悪夢のような日から、もうすぐ4カ月になる。昨日は昼間も夫の面会に行って会っているが夕方自宅に電話がかかった。

 

「今月で退院するわ」「今日看護師さんに話したし、先生も了解するだろうと言っていた」とのこと。

 

状態が安定してきたので、8月いっぱいで退院するだろうと予測していた。遅くても来月の初め頃だろうと思っていたので「わかったよ」と答えた。

 

 

症状が良くなって来たら、病院から自宅に帰りたいと思うのはどの患者さんも同じだ。一刻も早く自分の家に帰りたいはずだ。

 

それでも夫はずっと「退院は急いでいない、完璧に直してから帰る」と言っていたのだ。少し無理していたのかもしれない。

 

夫の体から長年服用してきた抗うつ剤が抜けて、表情はすっきりした感じだ。しかし一方で今後、今内服している薬のせいで、筋力低下等の症状がでてくるかもしれない。

 

それはそれとして、今は精神的安定を維持できることの方が重要だ。

 

私たち家族に数か月前の穏やかな生活が戻ってくる。何もなかったように、そして最善の注意を持って幸せな生活を維持する為に努力していこう。

 

頑張った父さん、引き続き頑張るよ。目的をもって規則正しい食生活をしていくよ。暴飲暴食は駄目だから。

 

支えてくれた息子たち家族やばあちゃん、ありがとう。病気を良くしてくれた医師や看護師さんありがとう。

 

恩返しのつもりで私もまだまだ働く。

頑張って働く息子たちに負けないように仕事する。夫が退院したら、もう夫のことは夫を信頼して任せよう。過干渉になってもいけないだろう。

 

 

タイトルとURLをコピーしました