尿路感染症患者の看護計画

スポンサーリンク

尿路感染症患者の看護計画

#1膀胱炎による排尿痛がある

看護診断 急性疼痛

関連因子:膀胱炎

診断指標:合図や言葉による疼痛の訴え、疼痛の証拠の観察、疼痛を避ける体位付け

看護目標

長期:患者は排尿痛が緩和したことを話す

短期:1)疼痛を緩和する方法を言える

2)疼痛の原因や処置、増強する要因を言える

OP

・症状の部位、出現状況、程度の観察

・排尿後の残尿感、排尿後不快感

TP

・抗菌薬および鎮痛薬の薬物管理

・疼痛に関する訴えを聴く

EP

・排尿痛の原因や誘因、その後の予測される経過を説明する

 

#2感染のために排尿障害が起こっている

看護診断 切迫性尿失禁

関連因子:膀胱炎

診断指標:尿意急迫を訴える、膀胱の収縮、攣縮を伴う不随意の尿意の排出を訴える

看護目標

長期:患者は尿意切迫に引き続いた尿失禁がなくなったと報告する

短期:1)尿意切迫の原因をいえる

2)尿回数が減る

OP

・尿量と排尿との間の時間を明らかにする

・尿量、尿性状、随伴症状

TP

・薬物療法管理

・排尿しやすい環境整備

・睡眠への援助

・失禁時はケア用具の検討

EP

・尿意切迫の原因と治療を説明する

・水分摂取の必要性を説明する

 

 

#3尿路感染症により発熱が見られる

看護診断 高体温

関連因子:尿路感染症

診断指標:正常範囲以上に体温が上昇、触ると温かい

 

看護目標

長期:患者は平熱を維持する

短期:1)平熱を示す

2)随伴症状が消失する

 

OP

・症状の出現状況、程度の観察

・水分出納、電解質データ

TP

・高熱時は冷罨法を行う

・体温の変化に応じて室温や寝具類、環境を調整する

・水電解質を補給する

・食事摂取を援助する

EP

・水分摂取の必要性を説明する

 

スポンサーリンク

#4感染症の回復や予防のための行動がとれない可能性がある

看護診断 非効果的自己健康管理

関連因子:知識不足

診断指標:危険因子を減少させる行動をとることができない、指示された治療方法を実施するのが難しいと言葉に出す

 

看護目標

長期:尿路感染症の予防行動をとることができる

短期:1)自己管理をしたいと表現する

2)感染に結びつく個人の行動特性とそれらを回避する必要性を訴える

 

OP

・症状の部位、出現状況、程度の観察

TP

・1日の尿量が2000ml 程度となるように水分摂取を促す

EP

・感染徴候(混濁尿、頻尿、排尿痛、発熱など)を説明する

・抗菌薬の内服の必要性と方法を説明する

・女性の場合、排泄後の会陰部の清拭を前方から後方へするように、清潔な下着を着用するように説明する)

・性交後排尿するよう指導する

・過度に尿意を我慢せず定期的に排尿するように指導する

・過労や寒冷、感冒、月経時には特に注意を促す

 

[ad]

#5カテーテル留置をしているため感染の可能性がある

看護診断 感染リスク状態

危険因子:尿道カテーテル留置が病原因子への曝露を避けるための知識の不足

 

看護目標

長期:カテーテルが挿入されていることによる感染を起こさない

短期:1)尿混濁が見られない

2)カテーテル操作を清潔に行うことができる

 

OP

・症状の出現状況、程度の観察

TP

・水分摂取を促す(尿量が2000ml/日以上)

・カテーテル挿入時には手を清潔にする

・採尿時は無菌操作を行う

・カテーテル挿入中は石鹸と水で陰部を毎日洗浄する

・蓄尿バッグを空にする場合は、蓄尿便に排出口が触れないようにしバッグが床に触れず管がねじれない位置に調整する

・無用なカテーテル留置を避ける

EP

・無菌的閉鎖を保つ必要があることを説明し、可能であれば患者にセルフケアを指導する

参考資料:疾患別看護過程

タイトルとURLをコピーしました