夫の闘病・夫と面会する子供たち

スポンサーリンク

夫の闘病・夫と面会する子供たち

夫と面会する子供たち

面会し、気分が落ち着く。

洗濯物を持って行きながら、3回目の面会をしてくる。寝不足のせいか体調がいまいち良くなさそうな表情の夫。やはり気分にむらがあるのだろう。

 

しかしいろいろ要求を言ってくれるので、それだけでも良くなっているのだと思う。テレビを見たい、カップ麺を空腹時に食べたい、ビタミンの果物を食べたいなどだ。

 

全て夫の希望を受け入れたあと、子供たちが夫に会いたがっていることを伝えた。顔を見るだけなら大丈夫、会えると言ってくれたので良かった。

 

 

早速子供たちに伝え、子供たちの希望通り直ぐに夫との面会を果たすことになった。夫と子供たちはいつものように普通に会話することが出来た。

 

10分くらいだったけれども良かった。

子供たちも、夫の様子を自分の目で見ることが出来て安心したようだった。「やはり少し違うね」とは言っていたが「違っていなかったらすでに退院しているだろう」とも言っていた。

 

 

治療中で徐々によくなって行っている段階なのだ。入院して2週間目だ。とても順調に言っていることを私たちは確認しあった。そしてお互いに気分が楽になった、と思う。

 

何か問題が起きなければ分からないことはある。今回の件で、息子たちのやさしさや嫁さんたちのやさしさ、頼りにできる家族がいる心強さを改めて認識できた。

 

今幸せであることをみんなに感謝したい気持ちだ。幸せだなあと思える。夫は病院での治療に対して満足してくれている様子だ。

 

何もかも今の時期で良かったのだと思う。

退職後のことについても真剣に考えることが出来るもの。夫も子供たちもばあちゃんも、皆ありがとう。

タイトルとURLをコピーしました