疾病の理解・めまい

疾病の理解・めまい

スポンサーリンク

疾病の理解・めまい

めまいとは神経内科や一般内科でよくみられる症状であり、内耳や脳の病気によって起こるもの、緊急を要するものや様子を見ていてよいものなど様々なタイプがある

症状の概要

① めまいの種類

・ 中枢性めまい:脳の異常によるもの、めまいは軽いが持続的で神経症状(ろれつが回らない、しびれ、脱力)を伴う

・ 末梢性めまい:内耳などの異常によるもの、反復性のめまいが多く耳症状を伴い、頭の位置を動かすと吐き気・嘔吐が伴うことがある

・ その他:自律神経障害、不整脈発作、脱水、貧血、低血糖発作、発熱等によるめまい

② めまいの感じ方

・ 回転性めまい:天井がぐるぐる回る、などの訴えがある

・ 動揺性めまい:体がふわふわする、などの訴えがある

・ その他:気が遠くなりそう、目の前が真っ暗になったなどの訴えがみられる

症状を引き起こす原因・疾病

① 中枢性めまい(脳幹、小脳、大脳の障害)

・ 脳血管障害:脳出血では激しい頭痛を伴う場合がある。脳梗塞や脳出血により脳幹部の障害がみられる場合は神経症状を伴うことがある

・ 脳腫瘍:脳腫瘍の部位によっては、めまいが生じる

・ 大脳の病変:側頭葉てんかん発作でめまいが生じることがある

・ 一過性脳虚血:脳幹部を養って動脈に一過性脳虚血が起こると神経症状とともにめまい発作を生じることがある

② 末梢性めまい

・ メニエール病:耳鳴りと軟調を伴う回転性のめまいがみられる

・ 前庭神経炎:激しい回転性めまいが突然匂うとを伴ってみられる。ウイルス感染の後で生じることがある

・ 突発性難聴:原因不明の難聴が突然見られ、同時にめまいを伴うことが多い

・ 聴神経腫瘍:突発的なめまいが耳鳴りと軟調を伴ってみられる「頭がふらふらする」などの動揺性めまいが多くみられる

③ その他のめまい

・ 自律神経障害:急に立ち上がった時など見みられる起立性低血圧による立ち眩みを、めまいと感じることがある

・ 良性発作性頭位性めまい:頭の位置を動かすことによって生じる回転性のめまい

・ 不整脈発作:軽い発作の時には動悸などの心臓の症状を自覚せず、めまいのみを感じることがある

・ 過呼吸症候群:脳循環障害がみられめまいを感じる

・ 急性貧血:消化管からの急激な出血による貧血が原因となるめまい

・ 脱水:食事や水分がとれない、下痢、嘔吐などによる脱水によるめまい

・ 発熱:高熱によるめまい、発熱による脱水が原因となるめまい

・ 低血糖発作:糖尿病の治療中に起こる発作によるめまい

・ 薬物中毒:抗生物質、抗けいれん薬、鎮痛薬、利尿薬などの薬の副作用でめまいが生じることがある

・ 心因性:不安感などがめまいを引き起こすこともある




観察のポイント

・ めまいの性質

・ 基礎疾患の有無、他の疾患による症状の有無、食事水分摂取量、尿量、既往歴、バイタルサイン、検査データ

・ めまいの原因となりそうなこと

・ 様子を見ることができるめまいかどうか(まっすぐ歩いているか、水を飲むことができるか)

ケア上のポイント

・ 危険なめまいを早期に発見する:心疾患、出血、脳卒中などの重篤な疾患のサインを見逃さない

・ めまいを悪化させない:頭や体を不用意に動かさない、安静にする

・ めまいを予防する:睡眠と休息を十分とる、ストレスを避ける工夫をして気分転換を促す

 

 

参考資料:高齢者ケアガイドブック

タイトルとURLをコピーしました