今日からやっと薬が減量になる

今日からやっと薬が減量になる

スポンサーリンク

薬が減量になる

1か月は早いもので、もう外来受診日になった

夫の歩き方が気になったのか、また夫の表情が気になったのか担当医師はレボトミンを2錠から1錠に減量にした

診察室へ入っていく時の、前かがみで小幅であるく夫の歩行の様子から、薬の副作用を考えたのかもしれない

 

また医師が話しかける診察時も、うつむき加減で話す夫の様子に、活気が感じられなかったのだろう

もうずっと前からこの様子だったのに、そしてそのことを外来受診のたびに医師に伝えていたつもりなのだが、パソコン画面ばかり見ている医師には、よく把握できなかったのかもしれない

とにかく今日から、夜の薬が1錠少なくなるのだ

 

ちゃんと眠れるのか、精神症状に影響を及ぼさないかなど気になる

明後日は私も夜勤業務なので、なおさら心配だ

薬局の薬剤師さんに夜眠れるか、また精神に及ぼす影響などを聞いたけれど、それほど変わらないということだった

 

ま、薬が減ることは基本的には良いことなので、プラス思考で夫の症状を観察していこうと思う

1か月後に不都合なことがあれば、外来時に担当医師に相談することにしよう。きっと問題なく経過にちがいないけれども

あと1週間後には町内の秋祭りがある。その準備もあるし忙しくなる

 

いつもと違う環境に、夫はちゃんと対応していけるのだろうか?退院して4か月たつけれども、今まできちんと薬を飲んでいるからか、夫の症状に特に問題がない

きっと、薬が原料になると、身体的にも元気になって精神的にもちょうどよくなって、いい傾向になるだろう

入浴だって着替えだって、全部自分でできるし、歩く姿勢だってよくなるだろう。良いことだらけになるに違いない

タイトルとURLをコピーしました