効果的なコミュニケーションの方法について

効果的なコミュニケーションの方法について

スポンサーリンク

効果的なコミュニケーション

看護にとってのコミュニケーションの意義

①患者を認識し理解すること

②患者との相互関係や信頼関係を築く

③看護ケアの目標を達成するための手技となる

・患者のニーズを把握し援助の必要性を見出す

・実際している援助が適切であるか判断する

・コミュニケーションそのものを援助として活用する

 

効果的なコミュニケーション方法

①聴くポイント

・聴くとは注意深く耳を傾けて聴くことである。相手に注意を集中して聴くと同時に言外の意味を推し量り、意見や気持ちをありのまま受け止める相手をひとりの人格・存在として尊重する

・患者のプライバシーを保てる静かで落ち着ける空間を準備する

・患者との距離や位置関係、目線の高さは相手と同じようになるようにする

・患者の話は神経を集中させて聴き、内容は正確に受け止める世に努力する。話が分かりにくい時はその都度確認する

・患者が沈黙したり話がうまく表現できなくてもゆっくり待って最後まで聴く

・患者の非言語的表現を観察し、感情や心理状態を読み取る

・聴き手は受容的・共感的対応を基本とする

(共感の印として相槌頷きなどの反応のサインを送る、相手の言葉を繰り返す、相手の話した内容を変えずに整理して言い換える、相手の気持ちに寄り添いながら励ます、安易に慰めずまずは気持ちを受け止める、相手の話を勝手に解釈して意見を押し付けない、相手の話に反論や否定をしない)

②質問するポイント

看護場面での質問は看護師が患者の病状の把握や、患者の意見や気持ちを理解し療養生活上のニーズを見出すために使われる

患者の気持ちを無視して聞きたいことだけを聴くなど一方的に答えを求めるようなことをしないように注意する

・あらかじめ質問の内容を整理しておく

・質問の内容は簡素に表現し、質問の意図を明確に伝える

・質問の方法を工夫する:はじめはオープンクエスチョンで(開かれた質問)で自由に話せるようにし、最後にクローズドクエスチョン(閉ざされた質問)で確認する。答えを強要するような押し付け的な質問はしない

・外的条件への配慮をする(他の人に聞かれたくない場合)

・先入観や固定観念にとらわれず、患者をありのままに受け入れる姿勢を持つ

③説明するポイント

看護師が意図的に患者に説明する機会は入院時のオリエンテーション、検査や処置の説明、教育指導の場面などである。

看護場面での説明の食い違いは大事を招くことがある。一度の説明ですべての内容が分かることは少ないので、理解の度合いを確認し繰り返し説明する

・挨拶、自己紹介、相手を名前で呼ぶ、丁寧語・敬語を正しく使う、などの基本を守る

・説明する前に患者に伝えたいことを明確にし、順序良く整理しておく

・患者が落ち着いて説明が聴けるように環境調整をする

・患者の関心の高いことから話し始める

・専門用語を避け多くの人に通用する言葉で具体的に説明する

・話を聴きやすくするために音声音量を調節し相手のペースに合わせる

・話の途中でも患者に聞く機会をつくり、相互に食い違いが起こらないように配慮する

④問診するポイント

・病院の規定の問診票に従って聞く

・患者の体調や疲労度を観察しながら聞く

・患者の言葉だけでなく、態度や様子も観察しながら進める

・1回で無理な場合は、優先度の高い順にわけて聞く

⑤患者の質問に答えるポイント

・答えに迷った場合はあいまいなままに即答せずに、「指導者に相談してから答えます」と患者に伝え、追って必ず返事をする

・患者の質問やその回答などは記録に残す

 

コミュニケーションに障害がある場合

視力障害のある患者とのコミュニケーション

①視覚機能障害の程度、視野欠損や狭窄の程度を知って、コミュニケーションへの影響を把握する

・患者が聴く態勢が整ってから向かい合って座り会話を始める

・文書にした情報を説明する時は読み上げ、聴いてもらう、その後質問するために時間を十分とる

・適当な照明を使用し、眼鏡など補助器具を使用する

・患者の近くでのひそひそ話や突然の大きな騒音を避ける

・患者のそばから離れる場合はそのことを患者につたえる

聴力障害のある患者とのコミュニケーション

①聴覚障害によって生じる難聴は伝音難聴と感音難聴に分類される。伝音難聴の場合は補聴器や大きな声で話すことによってコミュニケーションを成立させることが出来る。しかし感音難聴の場合は回復の見込みは難しく、補聴器の効果にも限界がある

伝音難聴

外耳中耳のいずれか、または両方の障害によって生じる難聴、耳垢栓塞、外耳閉鎖症、中耳炎、耳管狭窄などで生じる。

骨伝導による聴音は障害されないので、原因疾患の治療により聴力の改善が期待されることも多く、骨伝導補聴器も有効である

感音難聴

内耳や蝸牛神経などの聴覚路障害によって生じる難聴、内耳障害によるものを迷路性難聴、聴覚路の障害を後迷路性難聴という。

有毛細胞障害、内耳奇形、音響外傷、感染、薬物、脳腫瘍などの原因が挙げられる。最近では人工内耳が進歩し、適用により聴力が改善する例もある

 

②老人性難聴の場合、感音難聴によるものが多く、コミュニケーション障害を生じやすいので、難聴の状態に応じて筆記用具を準備するなど円滑なコミュニケーションをとる工夫をする

・話しかける場合は患者が最も聞きやすい位置から話す

・やさしい文型を用いて看護師の口元の動きが見えるように、一語一語ハッキリと発音する。高齢者には声を低くして話す(3回ほど話すと通じやすい)

・コミュニケーションを補助する手段として補聴器の使用、手話、表情、身振り、筆談等の非言語的手段を用いる

・検査などの説明の場合は内容を解説した文書などを使用し、患者に確認しながら説明する

・騒音を避け、コミュニケーションに集中できる環境を整える

言語障害のある患者とのコミュニケーション

・言語障害は構音障害と失語症の2つに分かれる。構音障害は表出の障害で発音が不明瞭あるいは消失するが理解力は保たれる。失語症はコミュニケーションの中核である理解力の障害と言語の表出力の消失の両者を伴うことが多い

コミュニケーションポイント

・笑顔やスキンシップで気持ちを和らげ安心して話せるようにする

・一度にたくさんのことを話しかけずに、短めの文章でゆっくりと表情を交えて話す

・急性期で殆ど発語のない患者の場合は「はい」「いいえ」で答えられる質問をして患者の反応を引き出す

・患者が話す時間を十分にとり、発語を急がせないでゆっくり待つ

・コミュニケーション用器具(50音表、パソコン)を用いて患者の意思表示ができる工夫をする

・50音表は構音障害の時は有効であるが、失語症の患者は患児よりカナ文字を綴ることが難しく、50音表の使用は適さないので用いない

・失語症の場合はやさしい漢字やイラストを用いると理解しやすい

ブローカ失語(運動性失調)

・聴いたり読んだりして理解する力は比較的良好だが、話すことに強い障害がみられる

・話し方はぎこちなく失構音やプロソデイ(韻律)の障害がある。発話量は乏しく単語程度しか話せないこともある。読み書きは仮名文字より漢字の方が良好であることが多い

・左半球の前頭葉のブローカ領野(運動性言語中枢)周辺の病変で生じる

ウエルニッケ失語(感覚性失語)

・聴いて理解する能力の障害が強い。話し方は滑らかでプロソデイは保たれ発話量も多いが、字性錯誤、語性錯誤、新造語、保続などが出現し、意味の分からない内容になる。

・左半球の後部部分、特にウエルニッケ領野(感覚性言語中枢)が病巣に含まれる時に生じる。

全失語

・量も重篤な失語で、言語機能の各側面が全般にわたって障害される。非言語的コミュニケーションで意思の疎通がはかれることがある。

・左半球の広範な病変によって生じる

健忘失語

・理解力や副賞は良好で話し方も滑らかだが、喚語困難が強いのが特徴である。目指す言葉が出てこないので迂言が多く回りくどい話し方のなる。アルツハイマー認知症ではこの失語症を呈することが多い

・左半球の側頭葉の病変で見られるが大きな病巣ではない

伝導失語

・聴いて理解する力は良好で発話量も多く話し方はある程度滑らかであるが、字性錯誤が多く、誤りに気付いて言いなおそうとする為発語の流れが妨げられる。復唱が言語理解に比べ際立って障害される。

・左頭頂葉皮質下を含む病巣で生じる

 

 

参考資料:看護技術プラクティス

タイトルとURLをコピーしました