気胸患者の看護計画

気胸患者の看護計画

スポンサーリンク

#1 肺虚脱によりガス交換障害をきたしている

看護診断 ガス交換障害

関連因子:呼吸器系の障害

診断指標:労作時の呼吸困難、チアノーゼ、動脈血ガス分析値の異常

看護目標

長期:ガス交換障害が改善され、肺の再拡張を図ることができる

短期:1)安静が維持できる

2)呼吸困難が消失し酸素供給ができる

OーP

・症状の部位、出現状況、程度の観察

TーP

・安楽な呼吸への援助を行う

・心身の安静によって酸素消費量を減少させる

・身体的に負担がかからないように環境を整える

EーP

・患者家族に呼吸方法を指導する

・酸素消費量を増大させないADLについて指導する

[ad]

#2胸腔ドレーン挿入により疼痛がある

看護診断 急性疼痛

関連因子:胸腔ドレーン

診断指標:疼痛の訴え、睡眠障害

看護目標

長期:疼痛が緩和し安静が維持できる

短期:1)呼吸時に疼痛がない

2)体動時に疼痛がない

OーP

・症状の部位、出現状況、程度の観察

TーP

・ドレーンの固定を確実にする

・体動時は痛みを伴わないように配慮する

・激しい痛みには必要に応じて疼痛緩和を行う

EーP

・痛みを我慢せずに訴えるように促す

#3持続ドレナージによりセルフケア行動に支障がある

看護診断 セルフケア不足シンドローム

関連因子:活動制限

診断指標:ADLの程度、安静度

看護目標

長期:決められた安静度の範囲内で活動を調整できる

短期:1)ベッド上での身の回りのことができる

2)活動の調整を相談しながらできる

OーP

・ADLの程度の観察

TーP

・ベッド周囲の環境を整える

・決められた安政の範囲内で活動量を調整する

・ADLでは適度に身体的負担がかからないように援助する

・患者の状態に合わせた生活援助を行う

EーP

・排気を促進するためには、適度な生活も必要であることを促す

スポンサーリンク

#4疼痛に伴う睡眠障害がある

看護診断 不眠

関連因子:疼痛

診断指標:睡眠持続困難の訴え、入眠困難の訴え

看護目標

長期:長時間の連続した睡眠が確保できる

短期:1)スムーズに入眠できる

2)薬物に頼らずに入眠できる

OーP

・症状の出現状況、程度の観察

TーP

・患者が安静に入眠できる環境を整える

・激しい痛みがある場合は、必要に応じて疼痛緩和を行う

・服薬の時間と量の調節を医師に相談する

EーP

・生活パターンを規則正しく整えるように指導する

・痛みを我慢せずに訴えるように促す

 

 

#5ドレーン挿入に伴い感染リスク状態にある

看護診断 感染リスク状態

危険因子:胸腔ドレーン

看護目標

長期:感染を起こさない

短期:1)感染兆候がない

2)ドレーン挿入部の清潔が維持できる

OーP

・症状の部位、出現状況、程度の観察

TーP

・ドレーン挿入部位周囲の清潔を保持する

・身体の清潔を保持する

・移動や体動による逆行性感染を防止する

EーP

・挿入部位の清潔を保持する必要性を説明する

スポンサーリンク

#6治療過程で出現する様々な症状から不安がある

看護診断 不安

関連因子:健康状態の喧嘩、治療の長期化

診断指標:不眠、苦悩

看護目標

長期:不安が緩和される

短期:1)不安に感じていることを表現できる

2)不安に対する解決策を見出すことができる

OーP

・治療に関する不安の有無と程度を観察する

・患者、家族の心理、社会的側面の把握

TーP

・受容的態度で安心感を与えられるようにする

・訴えを傾聴する

・適度な活動を勧め、食欲の増加や満足な睡眠が得られるように援助を行う

EーP

・疾患について患者、家族に分かりやすく説明する

 

#7知識不足による再発の可能性がある

看護診断 非効果的自己健康管理

関連因子:知識不足

診断指標:治療計画を毎日の生活に組み込むことができない、危険因子を減少させる行動をとることができない

看護目標

長期:疾患が再発しない

短期:1)再発の症状を的確に判断できる

2)再発予防のための行動をとることができる

OーP

・再発についての患者家族の言動

・再発についての知識と理解

・指導に対する反応

TーP

・理解できる表現で説明し、恐怖や負担を与えないようにする

・患者が疲労しないように時間を考えて指導する

EーP

・便秘予防のための援助を行う

・禁煙の必要性について説明する

・再発に備えて定期的な受診を勧める

・異常を感じた場合は早期受診を進める

 

 

参考資料:疾患別看護過程

 

タイトルとURLをコピーしました