褥瘡の看護診断・活動不耐の潜在的状態

褥瘡の看護診断・活動不耐の潜在的状態

スポンサーリンク

看護診断:衰弱感に関連した活動不耐の潜在的状態

看護目標

適切なレベルに機能を促進し、休息の時間をとる

徴候と症状

行動力の低下、日常生活動作する力が低下、休息時間を増す必要性

看護介入

① 入院時及び病気の経過に伴って定期的に患者を評価する

② 患者が耐えられる範囲で休息と運動の期間のスケジュールを決める

③ 就床患者には能動的および受動的可動域運動を指導する

④ 必要があれば理学療法士や作業療法士に相談する

 

 

理論的根拠

① 患者の機能的能力を最初に客観的に評価することは、その後の改善あるいは悪化を比較する上での基礎になる

② 病気は患者を弱めるが患者は身体的能を維持しなければならない。運動時間を段階的に増やしていくことが機能を最適にする

③ 運動は拘縮を防ぎ、手足が動かないことを予防する

④ これらの療法士は患者の計画や管理の手助けをしてくれ、在宅看護計画を立ててくれる

患者の目標

治療を含めて1週間以内には機能的能力を回復することができる

 

 

参考資料:看護診断に基づく高齢者看護ケアプラン

タイトルとURLをコピーしました