乾癬患者の看護計画

スポンサーリンク

乾癬患者の看護計画

#1発疹や皮膚の落屑、疼痛、関節痛、紅斑、筋固縮がみられる

看護診断 皮膚統合性障害

関連因子:紅斑、落屑、丘疹

診断指標:皮膚表面の破たん、皮膚層列の破たん

看護目標

長期:乾癬の続発と憎悪を防ぐ

短期:症状の軽快を促し、皮膚の落屑を予防する

OP

・好発部位の観察

・接触時の疼痛増強

・関節痛の有無

・丘疹の程度と広がり

TP

・軟膏処置

・身体の清潔ケア

EP

・外用療法、内服療法の指導

・病変部位を安静に保つよう指導する

・身体の清潔に対する指導

 

#2皮膚の落屑、外観の変化により人とのかかわりを避ける

看護診断 ボディイメージ混乱

関連因子:疾患、心理社会的因子

診断指標:身体に対する否定的な感情、社会的なかかわりの変化

看護目標

長期:外観の変化を肯定的に受容することができる

短期:人目を気にせず治療に専念できる

OP

・紅斑出現の部位

・皮膚の落屑

・日常生活に関する障害の有無

・疾患や外観の変化について感じていることを患者・家族から聞き出す

TP

・定期的な皮膚の観察を行う

・痛みなどの症状には適切な処置を行う

・症状の憎悪の要因を排除する

・患者家族の話を傾聴する

EP

・外用療法、内服療法の指導

・適切な手洗いの指導

・疾患と治療方法を患者家族へ始動する

・ボディイメージを改善するための方法

#3疾患や治療に対する知識不足がある

看護診断 非効果的自己健康管理

関連因子:知識不足

診断指標:指示された治療方法を実施するのが難しいと言葉に出す

看護目標

長期:慢性的な経過を受け入れ、再燃の予防ができる

短期:副作用出現時に医療者へ相談でき早期に対処することができる

OP

・疾患、治療に関する理解

・外用療法

・薬物の副作用症状

・光線療法後の皮膚の観察

TP

・外用療法(軟膏処置)

・内服薬の管理方法

・光線療法

EP

・外用療法の方法の指導

・内服薬の指導

・副作用出現時の対処方法

・光線療法を行う場合の生活指導

#4長期にわたる治療により、社会的な役割を果たすことができず不安が増大する

看護診断 不安

関連因子:健康状態の変化

診断指標:イライラ、恐ろしい、緊張した表情

看護目標

長期:長期的経過を受け入れることができ治療が継続できる

短期:疾患や治療に対する不安を表出することができる

OP

・患者の表情や訴え

・睡眠状況

・疾患に対する理解

・治療法に対する理解

・副作用に対する知識と対処方法の理解

TP

・訴えを傾聴し共感的態度で接する

・説明を十分に行う

・静かで安らげる環境の調整

EP

・患者家族への疾患、治療に対する説明

・気分転換の方法を指導する

 

参考資料:疾患別看護過程

タイトルとURLをコピーしました