夫の闘病・介護保険 要支援の場合のサービス

夫の闘病・介護保険 要支援の場合のサービス

スポンサーリンク

介護保険 要支援の場合のサービス

要介護ではなく要支援に認定されたとしても、介護サービスの種類が多いので夫に適したサービスを選択できそうな気がした。

 

 要支援1・2と認定された場合、サービスを受ける手順は

①高齢者支援センターに連絡します

高齢者支援センターに連絡し、相談をします。介護予防サービスの種類の中から検討をします

②職員に希望を伝えます

家族や高齢者支援センターの職員と、これからどのような生活を希望するのかなどについて話し合いをします

③介護予防ケアプランを作ります

高齢者支援センターの職員と介護予防ケアプラン(どのようなサービスをどのくらい利用するかを決めた計画書)を相談しながら作成します

介護予防プランの作成は「介護予防支援」に含まれており利用者の負担はありません

④介護予防サービスを利用します

サービス利用者と契約します。契約にあたってはサービス内容や料金などをよく確認します。介護予防ケアプランの沿って介護予防サービスを利用します

 

介護予防サービスの種類と費用

介護予防サービスは、状態の改善と悪化の予防を目的としたサービスです。できないことを補助するだけでなく、利用者本人のできることを増やし生き生きとした生活を送れるよう支援します

 

介護予防訪問介護

ホームヘルパーに訪問してもらい、調理や掃除などを一緒に行い、利用者のできることが増えるように支援してもらいます

週1回程度の利用で1か月:1168円  週2回程度の利用で1か月:2335円 自己負担の目安

 

介護予防訪問入浴介護

浴室が無い場合や浴室の利用が難しい場合に入浴のお手伝いのサービスが受けられます

1回:834円 自己負担の目安

 

介護予防訪問リハビリテーション

専門家に訪問してもらい、利用者が自分で行える体操やリハビリなどの指導を受けます

1回:302円 自己負担の目安

 

介護予防居宅療養管理指導

医師、歯科医師、薬剤師、歯科衛生士などに訪問してもらい、薬の飲み方、食事など療養上の管理・指導を受けます

医師、歯科医師の場合(月2回まで):503円 自己負担の目安

 

介護予防訪問介護

看護師などに訪問してもらい、介護予防を目的とした療養上のお世話や必要な診療の補助などを受けます

(訪問看護ステーションから)30分未満:463円  1時間未満:814円 自己負担1割の目安

 

介護予防通所介護

デイサービスセンターで、食事入浴などのサービスや、生活機能の維持向上の為の体操や筋力トレーニングなどが日帰りで受けられます

要支援1:1647円  要支援2:3377円 1カ月当たりの自己負担の目安

 

介護予防通所リハビリテーション

介護老人保健施設や病院、診療所で、介護予防を目的とした生活機能の維持向上の為の機能訓練などが日帰りで受けられます

要支援1:1812円  要支援2:3715円 1カ月当たりの自己負担の目安

 

介護予防短期入所生活介護

介護老人福祉施設などに短期間入所して、食事入浴などのサービスや生活機能の維持向上の為の機能訓練が受けられます

要支援1:433円  要支援2:538円 1日当たりの自己負担の目安

 

介護予防短期入所療養介護

介護老人保健施設などに短期間入所して医療や介護、生活機能の維持向上の為の機能訓練が受けられます

要支援1:575円  要支援2:716円 1日当たりの自己負担の目安

 

介護予防特定施設入所者生活介護

有料老人ホームなどに入所している方が受けるサービスです。食事入浴などのサービスや、生活機能の維持向上の為の機能訓練が受けられます

要支援1:179円  要支援2:308円 1日当たりの自己負担の目安

 

認知症対応型通所介護

(介護予防認知症対応型通所介護):認知症と診断された高齢者が食事入浴などの介護や支援、機能訓練を日帰りで受けられます

(7~9時間未満の利用の場合)要支援1:852円  要支援2:952円 自己負担の目安

 

小規模多機能型居宅介護

(介護予防小規模多機能型居宅介護):小規模な住宅型の施設への「通い」を中心に、自宅に来てもらう「訪問」、施設に「泊まる」サービスが柔軟に受けられます

要支援1:3403円  要支援2:6877円 1カ月当たりの自己負担の目安

 

タイトルとURLをコピーしました