若年性認知症を診断されたら?

若年性認知症を診断されたら?

スポンサーリンク

若年性認知症と言われたら?

働き盛りを中心とする若い人に認知症が発症すると、仕事や家庭で高齢者の場合とは異なる問題が起こってきます

患者さんや周囲の人は適切に対応することが重要です

 

若年性認知症とは 65歳未満で発症した認知症

認知症の原因で最も多いのはアルツハイマー病ですが、若年性認知症の場合は脳卒中の後に起こる血管性認知症が最も多く原因の40%を占めます

2番目に多いのがアルツハイマー病で約25%です。交通事故などに起こる頭部外傷後遺症の8%、前頭側頭型認知症の4%と続きます

若年性認知症は平均発症年齢が51歳と働き盛りで発祥のため、高齢者の認知症とは異なる問題が起こります

 

若年性認知症への対策①病気について正しく理解し、早めに専門医へ

若年性認知症は早期診断と早期治療が重要です

仕事などで単純なミスを繰り返すような場合は念のために早めに専門医を受診してください

医療機関でも若年性認知症の理解はまだ十分とは言えず、更年期障害やうつ病と診断される場合があります

物忘れ外来や認知症疾患医療センターなどを受診してください

若年性認知症と診断された場合は、その程度、原因、症状に応じて適切な薬が処方されます

 

若年性認知症への対策②家族や周りの人は本人が安心できるように接することが大切

一般的な認知症特にアルツハイマー病の場合は症状がゆっくり進んでいきます

物忘れが目立つようになってしばらくすると、月日がわからなくなり、次に計算ミスが増え、しばらくすると言葉がうまく使えなくなります

若年性認知症の場合は、これらの症状が比較的早い段階からまとめて現れます

行動・心理症状が現れやすい

認知症の進行に伴って起こる様々な精神症状のことを行動心理症状(BPSD)と呼びます

若年性認知症の場合は高齢者の認知症よりBPSDが早く表れる特徴があります

若年性認知症は仕事や家事、子育てなどをしている年代の人に発症するのでうまくいかないことが増えてくると患者さん自身もおかしいと思い、ミスをしないように敏感になります

それでもうまくいかないとイライラしたり不安になったりショックを受けたりします。それが高じるとうつや興奮、妄想、攻撃的になるといったBPSDが現れやすくなります

BPSDの対策で必要なことは、家族や周りの人は本人が安心できるように接することです

患者さん自身が病気を受け入れがたいことが多く、家族や周囲の人も病気をすぐには受け入れられないと思いますが本人の気持ちを考えながら気持ちに余裕をもって時間をかけて接するようにします

 

若年性認知症への対策③できるだけ仕事を続けることを考える

仕事を辞めてしまうと経済的な問題が生じます。大切なのはできるだけ今の仕事を続けることです

退職せざるを得ない場合は、企業の障碍者雇用枠を活用して再就職を目指しましょう。ハローワークでリワークのためのトレーニングを受けながら働く機会を見つけることもできます

仕事を続けるのが困難になった場合は、障害年金などの経済的支援を早めに受けましょう。認知症疾患医療センターや地域包括支援センターなどで相談できます

仕事を辞めた後に勧められるのはボランテイア活動です。人の役に立っていると実感することで進行を抑える効果も期待できます




若年性認知症への対策④若年者向けのデイサービスの利用や通い方を工夫する

40歳以上で若年性認知症のある人は、介護保険によるサービスが受けられます

対策としては若年性認知症のある人向けのデイサービスを行っている事業所を探して通うことです。そうした情報を得るためにも、地域包括支援センターに問い合わせてください

活動的な生活を心がける

認知症の進行を抑えるためには脳の機能、体力、気持ちや意欲の3つの健康を保つことが大切です。脳の機能や体力は使わないと低下します

趣味や運動などに積極的に取り組みましょう。意欲を維持するためには仕事を含めてやりがいや生きがい、喜びを感じられることを行うようにします

そのためにも、日ごろから活動的な生活を心がけましょう

病気と向き合うために

若年性認知症は早く進行する非常に重い病気だという誤った印象が独り歩きしています

発症したからと言って人生が終わるわけではありません。充実した人生が送れるよう患者さんと家族、医療関係者が力を合わせて病気と向き合っていくことが大切です

 

参考資料:きょうの健康

タイトルとURLをコピーしました