貧血患者の看護計画

貧血患者の看護計画

スポンサーリンク

#1組織の酸素不足によりADLが制限される可能性がある

看護診断 活動耐性低下

関連因子:酸素の供給/需要バランスの異常

診断指標:労作時の呼吸困難、活動に対する心拍数の異常な反応、倦怠感の訴え

看護目標

長期:息切れ、動悸がなく日常生活に関する動作ができる

OーP

・安静時と動作後の血圧、脈拍、呼吸数、疲労感を観察する

・息切れ、疲労感、脈拍数増加をきたしていないか

・血液検査データ

・動作時及び活動後にめまい、頭痛、失神、息切れなどがないか

TーP

・動作後の息切れがある場合はベッド上セミファーラー位とする

・必要に応じて清拭、洗髪、入浴、整容などのセルフケア行動を援助する

・酸素療法の指示がある場合は、指示された酸素量を投与する

EーP

・疲労感や動機、息切れなどをきたすような活動は控えるように説明する

・貧血の程度により行動の制限があることを説明する

 

 

#2酸素運搬能力の低下により抹消組織の低下や血流抑制がみられる

看護診断 非効果的抹消組織循環

関連因子:疾患の経過に関する知識不足

診断指標:皮膚の性状の変調、感覚異常

看護目標

長期:皮膚の色が改善し皮膚の霊感が消失する

OーP

・皮膚の色

・皮膚の冷感の有無

・四肢の冷感の有無

・基礎疾患の有無、症状

TーP

・四肢の冷感がある場合は温罨法、足浴などを適宜行う

・掛物や衣類で保温する

EーP

・血流が改善する方法を具体的に説明する

・適切な行動範囲を指導し、範囲を超えた運動は酸素消費量を増加させ症状が悪化することを説明する

 

#3貧血に関する知識不足のため薬物療法、食事療法の継続が困難である

看護診断 非効果的自己健康管理

関連因子:知識不足、治療計画の複雑さ

診断指標:治療計画を毎日の生活に組み込むことができる、疾患を管理したいと言葉で表現する

看護目標

長期:1)薬の作用、副作用を説明できる

2)摂取すべき食品を挙げることができる

OーP

・貧血、自覚症状に関する患者自身の認識

・貧血に随伴する自覚症状や薬物の副作用の有無

・食事摂取量

・薬物の副作用の有無

・言語能力の程度

・説明に対する患者の表情や言動

TーP

・指示された薬物の確実な投与

・疾患や治療、退院後の生活に関する患者の理解状況を把握し、必要があれば医師薬剤師栄養士などの協力を得て患者の知識不足を補足する場を設ける

EーP

・患者家族に退院後の薬物療法、食事療法の自己管理について説明する

・自覚症状が悪化したり薬物療法の副作用が強く自覚されるような場合は外来を受診するよう指導する

 

#4疾患治療に関する知識不足により家族機能が破たんする可能性がある

看護診断 家族機能破綻

関連因子:家族の役割変移、家族の経済状態の変容

診断指標:問題解決、意思決定への参加の変化。家族内での衝突の表明の変化

看護目標

長期:患者家族が疾患治療を理解し、安定した生活を送ることができる

OーP

・疾患治療に関する家族の言動

TーP

・家族の協力体制を確認する。食事療法は家族の食生活に影響を当てることがあるため、家族を含めた食事指導が必要になる

・家族の身体的精神的状態について確認する

EーP

・疾患や治療に関して不足知識があれば補足する

 

 

参考資料:疾患別看護過程

タイトルとURLをコピーしました