精神病棟退院後の夫・デイケアセンターに通う

精神病棟退院後の夫・デイケアセンターに通う

スポンサーリンク

デイケアセンターに通う

夫は1か月余りの入院で、無事退院することができた。今回は早めの処置対応がよかったのだと思う。

しかし内服薬の大切さをしみじみ感じた。

医師も「薬は減らしていきたいと思うが、今回のことがあるので少しづつにしましょう」と退院する時に夫に話したという。

 

注意さえしていれば、夫の病状は安定しているはずだ。

 

治療薬のせいで、身体機能が低下するので、そのことを予防するためにもデイケアセンターでリハビリしなければならい。

 

夫も理解していて、歩くことを続けて足の筋力をつけたいと言っている。しかし逆効果になることもあるので、無理はできない。

朝同じ時間に出かけることで規則正しい生活を継続させることも一つの目的だ。

 

デイサービス初日には、帰ってくる時間を間違えていたために私の迎えが遅れ、夫はタクシーで自宅に戻っていた。

この生活に慣れると、細かな勘違いや手違いもなくなるだろう。私も夫の介護のために介護休業を申請することにした。

 

身体機能低下予防と、認知症予防のための生活習慣を心がけ実践していかなければならない。しっかりとした計画が必要だ。

 

とりあえず夫専用のカメラを用意してみた。

長男は、夫が退屈しないようにネットでマージャンができるようにセッテイングしてくれた。これが意外と麻雀好きの夫に向いていて、集中してしている。

 

集中しすぎもよくないので、時々声をかけて麻雀途中の夫に散歩などを促したりするのは私の仕事かな。

タイトルとURLをコピーしました