大腸がん患者の看護計画

大腸がん患者の看護計画

スポンサーリンク

#1癌による通過障害に伴い低栄養状態にある

看護診断 栄養摂取消費バランス異常:必要量以下

関連因子:癌による通過障害、食物の摂取ができない

診断指標:1日推奨食物摂取量より少ない不十分な食物摂取の訴え、食物摂取し始めた直後の満腹感の出現、腹痛、理想体重より20%以上少ない体重

看護目標

長期:手術までに低栄養状態が改善する

短期:1)栄養状態改善の必要性が理解できる

2)経口摂取可能な食物を選択できる

3)腹部症状出現時は経口摂取を辞める必要性が理解できる

4)経口摂取以外の栄養摂取の必要性を理解できる

OーP

・食事摂取量、内容、速さ、食事の工夫点、経口摂取可能な食物・経口摂取以外の栄養摂取方法の認識度

・体重、血液検査の結果

・悪心・嘔吐、腹痛、腹部膨満の有無と程度

・腹部症状の認識と対処方法の理解

・栄養状態改善の必要性の理解

・排便状況

TーP

・通過障害が軽度の場合は、経口摂取量が増えるように食事の工夫を一緒に考える

・通過障害が強い場合は、経口摂取を中止し点滴などの栄養管理を行い、患者家族の協力を得る

EーP

・栄養状態改善の必要性について説明する

・経口摂取が可能な食物について説明する

・腹部症状出現時の経口摂取禁止について説明する

・経口摂取以外の栄養摂取方法を説明する

・家族にも食事内容の注意点などを説明する

 

スポンサーリンク

2腸管前処置に対して適切な行動がとれない可能性がある

看護診断 ノンコンプライアンス

関連因子:個人の価値観、計画された治療行動に関する知識、ケアの簡便性

診断指標:指示に沿っていないことを示す行動、症状の悪化の徴候

看護目標

長期:適切に腸管前処置を行うことができる

短期:1)内服の必要性を述べることができる

2)パンフレットを見ながら実施できる

3)腹部症状出現時は内服を中止する

4)症状と排便状況を医療者に報告できる

OーP

・内服の必要性・対処行動の理解、内服状況

・腹部症状の有無と程度、報告状況

・排便状況

TーP

・患者の理解の程度を確認しながら段階的に説明する

EーP

・内服薬の作用・服用方法についてパンフレットなどを用いて説明し、正確に内服できるように指導する

・腹部症状や排便状況を報告できるように指導する

・腹部症状出現時、内服を中止し、症状を報告するように指導する

#3疼痛により離床が妨げられる可能性がある

看護診断 活動耐性低下

関連因子:癌、症状安静

診断指標:労作時の不快感、倦怠感の訴え、衰弱の訴え

看護目標

長期:疼痛が軽減し、離床を進めることができる

短期:1)疼痛が軽減したと述べることができる

2)毎日の離床目標を立て達成できる

OーP

・疼痛の有無と程度、疼痛部位、疼痛に関する言動

・離床状況、離床意欲、目標設定状況

TーP

・患者の身体的心理的状況を考慮して離床を進める

・離床が進まない理由を傾聴する

・毎日その日の離床目標を患者と一緒に設定する

・離床時間と鎮痛薬の使用のタイミングを工夫する

EーP

・離床の必要性について説明する

・痛みの強い場合は鎮痛薬の希望を申し出るよう説明する

 

スポンサーリンク

#4ストーマ保有によるボディイメージ混乱の可能性がある

看護診断 ボディイメージ混乱

関連因子:疾患の治療

診断指標:身体の一部を見ない、触れない、身体に対する否定的な感情、無力感

看護目標

長期:ストーマ造設を受容し、ボディイメージの変化を認める

短期:1)ストーマ造設の必要性が理解できる

2)採便袋から排泄物を処理することができる

3)装具交換する意欲を表現できる

OーP

・ストーマ造設の必要性に他する理解

・ストーマやストーマ管理に対する言動

TーP

・日々の身体的・心理的状態の変化に合わせたケア

・患者家族の協力を促す

EーP

・ストーマ造設の必要性を説明する

・ストーマ管理方法を説明する

 

 

#5ストーマ装具交換の手技の習得が困難な可能性がある

看護診断 セルフケア不足シンドローム

関連因子:ボディイメージ混乱、高年齢による認知機能低下、四肢の機能低下・障害、体型によるストーマ管理困難

診断指標:全面的な監督、指導が必要

看護目標

長期:ストーマ装具交換時には援助を求めながら手技が確立できる

短期:1)積極的にストーマ装具交換に取り組むことができる

2)必要な援助を求めることができる

3)交換時の注意点を述べることができる

OーP

・ストーマ装具交換に対する意欲、言動、知識、手技の習得状況

・腹部の脂肪層によるしわや創痕、便漏れの状況

TーP

・手技を段階的に進め、必要に応じて家族の協力を得る

EーP

・ストーマ装具交換の手技についてパンフレットなどを用いて説明する

 

#6患者家族の疾患や治療に対する不安が増強する可能性がある

看護診断 不安

関連因子:健康状態の変化、健康状態に対する脅威

診断指標:不眠、無力、問題解決能力の減弱、混乱

看護目標

長期:患者、家族の不安が軽減する

短期:1)疾患の経過について理解できる

2)補助療法継続に必要性について理解できる

3)疾患や治療に対する思いを表現できる

OーP

・患者家族の疾患や治療に対する理解

・患者家族の心理・社会的側面の把握

TーP

・疾患の経過や治療の継続について、生活背景を考慮した見通しを持てるよう一緒に考えていく

・患者会の情報など、同じ疾患を抱える患者家族とのかかわりの場を提供し、見通しが持てるように援助する

EーP

・疾患や治療経過、今後の治療について患者家族に説明する

 

#7便漏れによる睡眠障害の可能性がある

看護診断 不眠

関連因子:身体的不快

診断指標:患者が睡眠持続時間を訴える

看護目標

長期:便が漏れず十分な睡眠が維持できる

短期:1)便漏れの原因を見つけることができる

2)漏れに対する対処方法が実施できる

3)睡眠に満足できる

OーP

・排便の量・性状、便漏れの有無・原因

・睡眠状況、夜間の漏れの状況

TーP

・便漏れの原因・対処を一緒に考えていく

EーP

・便漏れの具体的な対処方法について説明する

 

#8排便コントロール不良の可能性

看護診断 下痢

関連因子:高いストレスレベル、吸収不良、炎症

診断指標:少なくとも1日に3回の軟らかい液状の便を排出、腹痛、裏急後重

看護目標

長期:排便コントロールを良好に保つことができる

短期:1)大腸の機能について述べることができる

2)食事を工夫できる

3)下痢が軽快したと報告できる

OーP

・排便回数、量、色、性状、排便による苦痛腹痛

・排便管理に関する薬の内服状況、経口摂取の内容と量

・大腸の機能変化に対する認識

TーP

・患者の食事の好みを考慮しながら望ましい食事・水分摂取について一緒に考える

EーP

・術後の大腸機能変化と排便管理について説明する

 

 

参考資料:疾患別看護過程

タイトルとURLをコピーしました