看護計画(脳神経)

看護計画

脳梗塞患者の看護計画

#1急速な身体変化と交渉を受け入れられず、治療やリハビリテーションを毎日の生活に組み込めない 看護診断 非効果的自己健康管理 関連因子:重症であるという思い込み、知識不足、障壁があるという思いこみ 診断指標:治療計画を毎日の生活に組み込むことができない 看護目標 長期:疾患からの回復や合併症予防のための健康行動がとれる 短期:現在の身体状況を理解し、自分でリハビリテーションや健康管理を行いたいと思える
看護計画

血管性認知症患者の看護計画

#1血管性認知症の段階的な変化のリスクがある 看護診断 非効果的健康維持 関連因子:認知障害 診断指標:基本的健康実践についての知識不定がある 看護目標 長期:脳血管疾患の再発発作が起こらない 短期:1)血圧が安定している 2)合併症の悪化の徴候が見られな
看護計画

重症筋無力症患者の看護計画

#1症状(易疲労、脱力、眼症状)の日内変動により日常生活に支障がある 看護診断 セルフケア不足シンドローム 関連因子:神経筋系の障害 診断指標:食事、入浴、更衣、排泄行為が自立して行えない 看護目標 長期:患者が疲労度に合わせた活
看護計画

脳出血・くも膜下出血患者の看護計画

#1見当識障害や知覚障害、視野欠損、運動障害により身体の危険を認知する能力が低下している 看護診断 身体外傷リスク状態 危険因子:感覚機能の障害、筋力低下 看護目標 長期:現在の身体状況を理解し、身体外傷を起こさないような行動がとれる 短期:1)麻痺などの身体の状況を把握できる 2)外傷予防の対策が理解できる
看護計画

てんかん患者の看護計画

#1発作による全身・脳への悪影響、発作の反復による脳ニューロンの微細構造の変化・消失など二次的脳損傷の惹起に関連して、日常活動が低下する恐れがある 看護診断 活動耐性低下リスク状態 危険因子:体力を減退させるような状態 看護目標 長期:必要な日常活動を行うための発作による生理的エネルギー低下の危険がない 短期:発作後に休養がとれ、低下した生理的エネルギーを回復できる OP ・発作誘因:怠薬、睡眠不足、風、発熱などの体調不良、精神的ストレス、便秘、大量飲水、光刺激の有無
看護計画

脳腫瘍患者の看護計画

#1運動麻痺や言語障害が徐々に進行していくことによる不安がある 看護診断 不安 関連因子:健康状態に対する脅威、死に至る脅威 診断指標:苦悩する、食欲不振、混乱、特定できない結果に対する恐怖 看護目標 長期:疾患と症状を受け入れ、不安なく日常生活を送ることができる 短期:1)疾患に対する不安を言語化できる 2)障害を受け入れ前向きな気持ちになる
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました