看護の仕事(日常ケア)

看護の仕事

膀胱留置カテーテル中の日常生活ケア時の注意点(施設で)

膀胱留置カテーテル中の日常生活ケア時の注意点(施設で) ①感染を防止する 本来膀胱内は無菌である。カテーテルを挿入していることで感染の可能性が高くなるので、菌が侵入しやすい部位の清潔を保つようにする
看護の仕事

経管栄養・胃ろうの注意点(施設で)

経管栄養・胃ろうの注意点(施設で) ①瘻孔閉鎖の防止 ・瘻孔完成後でも、ボタンやバルーンが抜けて1日もたてば瘻孔は閉じてしまう。そのため、もし完全に抜けた場合は、即、看護師に報告する
看護の仕事

食事介助のポイント(臥床患者の場合)

食事介助のポイント(臥床患者の場合) ①食事前の利用者の意識状態の観察 ・食事準備時、要介護者に声かけし意識状態を確認する。
スポンサーリンク
看護の仕事

使用後の器械、器具に対する消毒、滅菌、洗浄

使用後の器械、器具に対する消毒、滅菌、洗浄 内視鏡の生検鉗子 内視鏡の生検鉗子は、クリティカル器材に分類され、オートクレーブによる高圧蒸気滅菌で処理します
看護の仕事

PEGの適応と禁忌について(PEG造設から退院まで)

PEGの適応と禁忌 ポイント ・経腸栄養はより生理的で患者の消化管機能を維持し、免疫能を高めるなどの効果も確認され、さらに在宅での、さらに在宅での受け入れも容易である
看護の仕事

人工呼吸器関連の感染予防

医療ケア関連肺炎 肺炎は病院感染全体の約15%を占めており、全感染の24~27%がICUで感染しているといいます
看護の仕事

尿道留置カテーテルの感染予防

尿道留置カテーテルの種類、材質 カテーテルの種類 ①ラウンド式(2way)先端が丸型になっており一般に普及しています
看護の仕事

血管内留置カテーテルの感染予防

血管内留置カテーテルの感染予防 ほとんどの病院感染血流感染は中心静脈カテーテルの使用に関連しており、中心カテーテルを挿入されていない患者よりも挿入されている患者のほうが血流感染の割合が相当高かった・・・2002年CDCガイドラインの報告
看護の仕事

経鼻経管栄養法の手順

経鼻経管栄養法 目的: ・口腔から食事ができない患者の栄養摂取 ・口腔からの食事管理だけでは不十分な患者の栄養補給 ・栄養状態の維持改善 ・生理的な消化・吸収過程を活用した栄養代謝機能維持 適応: ・口腔・喉頭の手術を受けた患者 ・顎関節固定中の患者 ・神経麻痺や意識障害のある患者 ・食道がんや上部消化管に障害のある患者 ・潰瘍性大腸炎やクローン病など下部消化管の安静が必要な患者 ・神経性食欲不振症(拒食症)の患者
看護の仕事

口腔ケアの手順

口腔ケアの手順 ・口腔は呼吸器、消化器に通じる入り口であり唾液腺や耳管も開口しており、感染源となりやすいところである ・口腔内の汚染は味覚にも影響を及ぼし食欲の低下にもつながる ・口腔内の汚染は口臭のもとになり他人に不快感を与え人間関係にも影響を及ぼす ・口腔内の汚染は齲歯や歯槽膿漏など歯科領域の疾患の原因になる ・ここでは臥床患者の口腔ケアの方法と義歯のある患者の口腔ケアの方法について記す
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました