生活習慣病

生活習慣病

頭を打った時、注意すべき症状は?

頭を打った時、軽くても気を付けて 頭を打った時は、軽くぶつけただけだと思っても生命に危険が及ぶことがあります 注意すべきポイントは? 1高齢者は転倒など日常生活で頭を打つことが多い
生活習慣病

危険なむくみ下肢静脈瘤

下肢静脈瘤は、進行すると足に皮膚炎や色素沈着、潰瘍が起こる場合があります。早めに治療を受けることが大切です 1下肢静脈瘤とは、脚の静脈に血液がたまって欠陥が浮き出たりする
生活習慣病

心筋梗塞を防ぐには?

心筋梗塞を防ぐには、カテーテル化バイパス手術か カテーテル治療やバイパス手術は狭心症が悪化した時などに行われます 生活習慣の改善や薬による治療を適切に続けていても冠動脈の狭窄が進んでしまった狭心症や、心筋梗塞を起こしやすい状態の狭心症では、カテーテル治療やバイパス手術が検討されます
スポンサーリンク
生活習慣病

ストレス解消・考え方を見つめなおす

考え方を見つめなおす ストレスには偏った考え方も関係します。心の面からストレスを解消する方法として「考え方を見つめなおす」トレーニングがあります 1 ストレスと心・ストレスのたまりやすい考え方のパターンがある
生活習慣病

膝の痛み・運動療法で改善 Q&Aまとめ

ひざの痛みを運動療法で改善 「膝人工関節の手術には至らないけれど、痛みがある」という患者さんの治療では、運動療法が大変重要です 毎日自宅でできる簡単な運動を継続することで、大きな効果が期待できます
生活習慣病

パーキンソン病の症状と早期発見、リハビリで悪化予防

パーキンソン病最新情報・パーキンソン病の症状と早期発見 パーキンソン病は早期に発見して適切な治療を受けることが大切です。症状の特徴を知って変化を見逃さないようにしましょう
生活習慣病

認知症とケアの技法・ユマニチュードとは?

Ⅰ認知症ケアの技法 具体的な言葉や態度で「あなたのことを大切に思っている」というメッセージを伝え続けることで、介護を受ける人が穏やかになりコミュニケーションが改善される
生活習慣病

子宮筋腫と妊娠の関係

子宮筋腫・治療の選択 子宮筋腫は良性の腫瘍ですが、できる場所や大きさ、数によっては不妊や流産の原因になります 1子宮筋腫とは、子宮に両性の腫瘍ができる病気 子宮筋腫は30歳以上の女性のおよそ4人に一人に見つかる身近な病気です
生活習慣病

片頭痛の症状と改善

片頭痛の最善の対処 片頭痛は強い頭痛で日常生活に支障をきたすことも少なくありません 最近では治療法が進歩し薬で症状をコントロールしたり予防することが可能になってきました
生活習慣病

突発性難聴の原因は?

突発性難聴の最新情報 突然前触れもなく耳が聞こえなくなる突発性難聴は、放っておくと聴力が戻らなくなってしまうことがあります
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました