アトピー性皮膚炎・治療とスキンケア

アトピー性皮膚炎・治療とスキンケア

スポンサーリンク

アトピー性皮膚炎・治療とスキンケア

アトピー性皮膚炎は適切な治療を受けないと、症状が悪化していきます。医師と二人三脚で積極的に治療にかかわる姿勢が大切です

アトピー性皮膚炎とは 汗や衣服との摩擦などの刺激でかゆみや湿疹が現れる

アトピー性皮膚炎は、皮膚に強いかゆみを伴う湿疹ができて、よくなったり悪くなったりを繰り返す慢性の病気です

皮膚の一番外側の角質層には、皮膚の水分を保つ水分保持機能と外からの様々な刺激から皮膚を守る皮膚バリアの機能があります

角質層の水分保持機能が低下すると水分が失われて皮膚が乾燥してしまい、皮膚バリアの機能が低下してしまいます

すると汗や唾液、石鹸の洗い残し、衣服との摩擦などの軽い刺激でも敏感に反応してかゆみや湿疹が現れます

また食べ物の刺激やほこりなどのアレルギー物質が、皮膚バリアの機能が低下した角質層から侵入してアレルギーを起こし、湿疹が悪化することがあります

 

原因 体質や環境が関係して皮膚バリアの機能が低下

アトピー性皮膚炎の原因には体質と環境があります

体質:

皮膚バリアの機能が低下しやすい体質とアレルギーを起こしやすい体質があります。これらの体質は、両親から受け継がれることが、ある程度あると考えられています

環境:

体質に加えて様々な環境が作用することでアトピー性皮膚炎が発症したり悪化したりするとされています

乳幼児では皮膚についたよだれや食べ物による刺激、食べ物に対するアレルギーなどが主な要因となります

そのほかにも汗や衣服との摩擦などによる刺激、ダニやほこりなどに対するアレルギーが関係することもあります

さらに成長すると睡眠不足や疲れ、ストレスなどもアトピー性皮膚炎を悪化させる要因になります

大人になってからもアトピー性皮膚炎を発症することがあります

何が悪化要因になるかは、人によって異なり同じ人でも季節や環境によって変化していきます

 

治療 悪化要因の除去、スキンケア、薬物療法が治療の3本柱

アトピー性皮膚炎はよくなったり悪くなったりを繰り返す病気なので、症状がないか、あっても軽くて日常生活に支障がなく、あまり薬を必要としない状態を維持することが最初の治療の目標になります

アトピー性皮膚炎の治療では悪化要因の除去、スキンケア、薬物療法の3つで、良い皮膚の状態を保つようにします

悪化要因の除去

汗が長い間皮膚に残っていると、皮膚を刺激して症状を悪化させます。汗はこまめに練れたタオルでふき取るか水道水で洗い流します

かゆい湿疹を改善するためには薬物療法でかゆみと失神を抑えるとともに敏感になった皮膚をスキンケアでいたわることが重要です

スキンケア

スキンケアの基本は皮膚を洗うことと保湿することです

洗う:

皮膚についた汗やほこり、アレルギー物質などを入浴やシャワーを浴びることで洗い流すのが、皮膚を清潔に保つための基本になります

入浴後は、タオルで水滴をふき取り5分以内に保湿剤をぬって、皮膚の水分を保つことを習慣化するとよいでしょう

保温:

保湿剤を縫って保湿します。保湿剤はできれば1日2回、朝とお風呂上りに塗ってください

症状が安定しても保湿剤によるスキンケアを続けることをお勧めします

薬物療法




薬物療法ではステロイド薬やタクロリムスの塗薬で皮膚の炎症を鎮めます

ステロイド薬は効き目の強さによって5つのランクに分けられており、年齢や症状の重さ、湿疹ができている場所などに応じて使い分けます

炎症が落ち着いたら薬を塗る頻度を徐々に減らし、効果が弱い薬に変更します

悪化する兆しがある場合は薬を塗る頻度を増やし落ち着いたら再び塗る頻度を減らすことで、再発までの間隔をのばしていきます

皮膚状態によって治療方法が変わることがあるので診察でしっかり皮膚の状態を見てもらいましょう

 

予防 生後すぐからの保湿剤でのスキンケアが有効

アトピー性皮膚炎を100%予防するこおてゃできません。しかしアトピー性皮膚炎の両親や兄弟がいる赤ちゃんを対象にした研究で、発症を減らせることが明らかになってきました

この研究ではアトピー性皮膚炎を予防するには、生後すぐから保湿剤による全身のスキンケアを行うことが有効であることがわかります

特に皮膚が乾燥しやすい冬には、しっかり保湿することをお勧めします

 

 

参考資料:きょうの健康

タイトルとURLをコピーしました