心筋梗塞で入院治療し、退院後1か月経過

心筋梗塞で入院治療し、退院後1か月経過

スポンサーリンク

心筋梗塞の治療をしてから1か月

食欲が出てきて、やっと体重が増えてきました。

退院してから2キロも増えてきました。

増えすぎると心臓に負担がかかるので、なるべく今のままの体重を維持する必要があります。

しかし、顔色も良くて笑顔も出てきた夫は、食欲も出てきて以前より食事量も間食の量も増えてきました。

利尿剤を内服しているからか、夜間の頻尿は変わりません。

水分摂取を促して、いつもお茶のペットボトルを用意しているのですが、入院時と比較すると水分摂取量は減っています。

病院に入院しているときには500ccのペットボトルを2本は空けていたのに、自宅では1本半くらいです。

水分が減ると顔のツヤがなくなり、カサカサしてしわも深くなる気がします。

 

スポンサーリンク

塩分制限食は難しい

悩むのは食事です。

塩分控えめの食事を用意するのですが、味気なさすぎると「おいしくない」と苦情が出ます。

塩分の少なさを酢やショウガなどの薬味でカバーしているのですが、変わりばえのしない似たようなレシピになってしまいます。

夫は歯がなく義歯もしていないので、食材も柔らかいものに限られるので、ますますレシピが限られます。

肉団子のあますあんかけ、ハンバーグ、揚げ白身魚のあんかけ、カレイの煮つけ、ポテトサラダなどになってしまいます。

おいしいものを作りすぎると、ますます食事量が進んで体重が増えるので、少しおいしくないほうが体重的には良いのかもしれません。

 

タイトルとURLをコピーしました